FC2ブログ

プロフィール

ひよ

Author:ひよ
・忌野清志郎をこよなく愛す
・阪神タイガースにハマって7年目
・バンド(aco juke)の vocalist
・沖縄ユニット(しまらっきょ)vocal&cho.
・Piano&Vocalユニット(very berry)Vocal
・着付け師(季もの間やうやう運営)
・家紋好き
・仏像好き
・京都好き
・ゴルフも頑張ってる
・5月29日生まれ、静岡県出身のミーハー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

谷根千ツアー

10日は、「寺社巡りして呑もう会」の4回目谷根千散策してきたよ。谷根千とは、谷中、根津、千駄木

この会の名前は初公開だけど、去年の秋から、豪徳寺、川越、調布、そして今回。
これでお察しかな・・・近くにもいいところあるじゃん!という東京近郊再発見ツアー
メンバーは、ベルちゃんとYukieちゃんと私
あ、そういえば過去3回のうち2回は、Yukieちゃんが当日朝の突然のハプニングにより、参加できなかったのよね~。今回は何事もなく・・よかったわ~。

12時に根津駅で待ち合わせして、まずはお昼。ベルちゃんが調べてくれた、釜竹という有名なうどんやさんへ。
すごく並んでいたけど、想定内だからもちろん並ぶ。結局40~50分くらい待ったけど、しゃべりに夢中だったからあっという間。はは。

IMG_5516.jpg IMG_5517.jpg
(左)割り箸に名前が。割る前に撮ればよかったけど・・。
(右)めっちゃコシがある、太うちざるうどん。薬味はねぎ、揚げ玉、七味、生姜があって、その順番に入れるのよ。さっくさくの揚げ玉の量が半端ない。入れ放題!

おいしいです~~! かなりのボリューム。でも、3人とも全部ぺろり。

お店は綺麗でおしゃれな感じ。大きな窓の外は日本庭園。うどんやのイメージではないね。

満腹になったところで、根津神社へ。
こじんまりとした神社だった。
お宮参りしている四世代(たぶん)の家族がいて、あまりの各世代のあまりの若さに、いろんな(大きなお世話的な)想像をふくらます(笑)

IMG_5519.jpg IMG_5554.jpg
(右)うちでの小槌型おみくじ。 3人とも吉とか小吉とか・・そんな感じ。内容的にもそんなにテンションあがらず、さっさとしばりつけて、根津神社をあとにする。

くねくねとしている通称「へび道」を歩き(最初、全然くねっていなかったし表示がないから、そこがへび道であっているのか不安のまま歩いた)、なんとも不思議な指人形館をみて、また歩く。。しゃべる。。

谷中銀座
IMG_5522.jpg IMG_5523.jpg
思ったよりせまいし、短い。平日だけど、すごく人が多くてびっくり。
よくテレビでロケやってるのと同じ、下町情緒あふれる風景だ~。
千駄木に住んでいるベルマーチさんいわく、最近は観光地化していて、土日やGWはこんなもんじゃなく、すごい混雑らしい。


IMG_5553.jpg IMG_5524.jpg
(左)栗ソフト。濃厚~~~~。
(右)谷中銀座の最後、「夕焼けだんだん」。

IMG_5531_20160521163054474.jpg
ここもまたまた有名なお店。カヤバコーヒー
歩き疲れたね~。レトロなお店で、おいしいコーヒーをゆっくり飲む。。落ち着く~。
ちょっとお腹がすいてきた。ここのたまごサンド、おいしいらしいけど、時間が時間なんでガマン。

さて、今日のラストは渋谷でお酒。
JR日暮里駅まで歩こう。また谷中霊園の中を通っていく。3人ともこのあたりには全くうとくて、地図を手放せない。
へ~、上野にも近いのね~。
谷根千あたりは、外人さんが多いのね。アジア人じゃなく、静かな西洋人ね。霊園のお墓やお塔婆を撮っている人がいたけど、なんか写ってるんじゃない??

渋谷の居酒屋。一日のしあげ。
IMG_5525.jpg
おつかれさま~。
Yukieちゃんの飲みっぷりにはいつも感心するなあ。笑かしてくれるし。。

毎回思うけど、会ってから別れるまで、ず~~っとず~っと、よくそんなに話があるねってくらいしゃべってるよね。
そして、笑う笑う。気があう、い~い友達なのよ~!

楽しかったね~。東京の下町のよさ、再確認。まだまだ近場に行くべきところがあるに違いない!
次の計画もたてなきゃね。

Rock'n Roll Show きよしろうLOVE!

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日比谷野外大音楽堂 Love&Peace 2016年5月7日」に、ダンナさんと行ってきたよ。
毎年、命日の2日あたりでやるんだ。今年は野音! 野音では何度も清志郎のライブを見ているから、感慨もひとしお。

亡くなって7年たった。ホント早いなあ。頭ではもういないんだってわかっているけど、全然実感がない。いつも動画とか写真をみて、曲も聞いているから・・。

今年は、出演者が少なくて、しかも全然知らないバンドもあったから、行く前は途中で帰ろうか・・ぐらいに思っていたんだよね。16時半から4時間もやるってことだったんで、絶対ダレるなあって思って。。
チャボと梅津・片山コンビが見られたらそれでいいやって思って行ったの。

IMG_5498.jpg
おなじみ、ヒトハタウサギ

IMG_5502.jpg
そろそろ始まる。
ビールとおつまみを買って、席につく。野音はこれがあるからいいね!まだ日が高く、天気がいいから、やける~。
私たちの席は、前からも横からもまさに真ん中あたり。ここはキャパが少ないから近い。

黒猫チェルシー、サニーデイ・サービス、Jun Sky Walker(s)が30分くらいずつ清志郎の曲を演奏したあと、いよいよチャボ!
といっても、シアターブルックっていうバンドと一緒にやったんだけど。
今年は、トータス松本や奥田民生、チャー・・・といったメジャーな常連アーチストが全然でなかったんで、さみしい。。

あるバンドのMCで、「忌野清志郎と一緒にやりたかった」とか、「忌野清志郎はあこがれ」とか言って、いちいちフルネームで呼び捨てにしてるのは耳障りだった。。きっと来ているファンはみんなそう思っただろう。。

あと、“スローバラード”をコピーしている人で、「いい!」と思ったのは、今まで奥田民生だけだわ。。
ファンは厳しいのだ!こだわるのだ!

まあ、そんなことはおいといて・・・。

サニーデイ・サービスはこのライブの常連の曽我部さんのバンド。やっぱベテラン。演奏はうまかった~。いつも、この人は初期のRCの曲を選曲するの。今回も、そうくるか~みたいな。。。トリビュートしてる感が今回は特にすごくて、迫りくるものがあった

シアターブルックっていうヘビメタみたいな演奏のなか、チャボが出てきて、そのあとホーンのコンビ!盛り上がるわ~~。。途中からもう総立ちね!!

チャボの、清志郎を思うMCはいつ聞いてもやっぱり泣ける。。二人にしかわからないことばっかりなんだろうけど、でも泣ける。
「清志郎くんの歌を隣りで聞くのが好きだったのに、今自分が君の歌を歌っているなんて信じられない」っていうようなことを言ったの。二人のふか~い絆はその一言に尽きるよね。高校生くらいの時から、静かに二人でギターを弾いたり、歌ったりしていたんだよね。

チャボが歌う“あきれてものも言えない”もよかったわ~。
清志郎が昔、「曲できたから聞いて」っていってチャボに聞かせたっていう“もっとおちついて”もまたまた感動。。そんなエピソード聞かされちゃったらね。。。ぼそぼそとしゃべってる清志郎がうかぶ・・。

TOSHI-LOWも出てきて、RCのメジャーな曲のオンパレード。
“よぉ~こそ”で盛り上がって終わる!
アンコールは、チャボと梅津さんの二人で“夜の散歩をしないかね”。これは、チャボと清志郎がよく二人でアンコールでやっていた曲。梅津さんの泣きのアルトサックスがいい!
もう~~~、泣けます泣けます・・・。
アンコール2曲目は、お決まりの、全員参加の“雨上がりの夜空に”。もりあがりました~。

そのあとは、これも恒例の清志郎のライブ映像。今年は日比谷野音でやった映像のいくつか・・。20分くらいかな。コンパクトにまとめてあったし、昔なつかしい映像も多くて、楽しかった多摩蘭坂で、ゲリラライブ的に突然自転車で現れて歌っているのもあった。どんどん人が増えていたよ。。いいなあ、そこにいたかった~。

思っていたよりすごくいいライブだったよ。4時間もやったけど、ダレなかったし。でもやっぱり去年のが一番よかったけど。

“ぼくの自転車のうしろにのりなよ”を口ずさみながら帰路につく。。。余韻にひたる・・・。いい感じ。。

これからもずっとずっと清志郎を思い続けます・・・。
IMG_5495.jpg

鳥取~島根旅行その3

いよいよ最終日。
よく寝て早起きし、朝ごはんもしっかり食べて、ホテルをチェックアウト。そういえば、ここの名産のひとつは宍道湖のしじみ
というわけで、二日とも朝はしじみの味噌汁。飲んだ翌日はしみるわ~、いいわ~。

そして、いざゴルフ。ホテルにさよなら。
IMG_54581.jpg

雨は止んで、めっちゃいい天気になったけど、風が強いっ!
う〜ん、強いってもんじゃすまない。超暴風
ボールどころか、体が飛ばされる!時には立っていられないんだよ。
そんなだから、全く集中できず(^^;; ただ打つだけ。
それでも前半途中までは頑張ってたけど、だんだんテンション下がってきて、もうやる気ナシ。。
とうとうハーフで諦めた

前半の最終ホールで、私のFWのカバーが飛ばされて、池に落ちたの。なんてこった!! 飛ばされないようにしてたにもかかわらず、だよ。
私は自分が打ったボールが池方面に飛んでったんで、そればっかり気にして、全然気づかなかったの。で、ダンナさんはグリーンにオンしているのに、池の方(同じ池でも、私が打った方向よりも右の方)に走って行ったから、何してるんだろうって思ったんだよね。そしたら、私のカバーを追いかけてくれてたんだ。
でもあまりの強風で間に合わず、すぐに見失ったらしい。。
それを聞いてびっくり。ショックだったけど、疲れてたし、もういいやって思ってたの。
終わってからゴルフ場の人に言ったら、見つけて持ってきてくれた。池の対岸まで流されてたらしい。それはまあ、強風のおかげだけど(^^;;
でも、びちょびちょ。池の匂い臭そうだし。。帰ってからすぐ洗ったよ。中も思ったより早く乾いて、臭いもなく問題なし。ああ、よかった〜!
あ、結局、池ぽちゃの私、そんなこんなで、池の外から打つこともなく、ホールアウトすることもなく、そこでやめちゃった(-_-;)

それにしても、ものすごく疲れた。。

それでも予定より早くゴルフが終わったから、ランチしてからまた松江に行く。

前日行った松江城のお堀の外にある、塩見縄手という通りを歩く。
IMG_70911.jpg 
この写真ではあんまり人がいないけど、実際はもっといるよ。
車が走っている道路の右側がお堀。松江城がある。

小泉八雲記念館に行きたかったの。それなのに到着したら「改築中で休館」とな。
しかたなく、急遽となりの旧居に(笑)
IMG_70901.jpg

IMG_70871.jpg
この書斎の向こう側にみえる庭は八雲がたいそう気に入っていたらしい。当時カエルがよく鳴いていたみたいなんだけど、このときも、カエルの鳴き声がずっとしていた。モリアオガエル??ケロケロというか、ゲロゲロというか・・・。ウシガエルみたいなおどろおどろしい声じゃないのよ。。で、私とダンナさんと隣にいた男性はじ~っと庭を見て、カエルをしば~らく探していたんだけど、結局見つけられなかった。気になる〜。はは。

小泉八雲は、本名ラフカディオ・ハーンという明治の文豪「耳なし芳一」とか「むじな」「雪女」などの怪談を書いたんだ。
中学の頃、英語の副読本で読まされたりしたけど、それより何より、私の地元、焼津ではめっちゃ有名!なぜかというと、亡くなるまでの6年間くらい、八雲は夏になると焼津に1~2ヶ月滞在していたからなの。間借りしていた家も残っていたし(今は記念館的なところにあるのかな?わからない・・)、その通りは「八雲通り」という名前だし、「八雲タクシー」っていうのも昔あったなあ。「焼津踊り」っていう盆踊りの時の曲の2番かなんかの歌詞にも、「小泉八雲」ってフルネームで出てくるのだ!焼津駅前にも石碑がある。
しかも、その八雲通りと滞在していた家は私の実家から近い!というわけで、親近感ありありなのだよ~。

そのほか、その塩見縄手には、おしゃれな雑貨やさん、お蕎麦屋、武家屋敷・・などなどがあった。
ぶらぶらの最後は、お堀の中にある松江歴史館へ。
その中のカフェでひとやすみ。
IMG_5464_20160516091801065.jpg
手作りのかわいい和菓子を選べるの。ダンナさんは、オーソドックスにわらびもち(左)。
私は、抹茶パフェ。奥深く、いろんなものがいっぱい入ってたよ。おいしい!

もう閉館近かったんで、さらっと回って展示物をみる。
ここね、まだ新しいと思うんだけど、すごく綺麗だし、おしゃれだし、展示物が見やすいし、ゆっくりと見たいところだったなあ。

これで3日間のスケジュールはすべて終了。
最終便に乗りました。

では、3日間の(3回のブログの)まとめを・・・

妖怪を生んだ夫妻の絆をおすそ分けしてもらい、その妖怪たちにエキサイトし、水に浮かぶ牡丹を見落としそうになり、温泉につかり飲んで食べて、オオニクヌシのパワーとご縁をもらい、自撮り棒デビューし、お城で歴史ロマンに浸り、強風にあおられ、ゴルフカバーが飛んでゆき、ハーフでやめ、焼津を思いだした・・・。

満喫した!(笑)

ダンナさんもお疲れさまでした。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE