FC2ブログ

プロフィール

ひよ

Author:ひよ
・忌野清志郎をこよなく愛す
・阪神タイガースにハマって7年目
・バンド(aco juke)の vocalist
・沖縄ユニット(しまらっきょ)vocal&cho.
・Piano&Vocalユニット(very berry)Vocal
・着付け師(季もの間やうやう運営)
・家紋好き
・仏像好き
・京都好き
・ゴルフも頑張ってる
・5月29日生まれ、静岡県出身のミーハー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

もうあかん、やめます ! と言って数十年

IMG_0402.jpg
創業以来閉店セールをやっている大阪・西天満交差点のシューズ・オットー。
さすが大阪やねえ!
この店というか、垂れ幕は大阪では有名らしい。
うちのダンナさんが30年近く前に大阪に赴任していた時には、もうすでにあったんだって。

前回、後輩のNくんとダンナさんと3人で飲んだことを書いたけど、2軒目に歩いていく途中、そこを通り、ぱちり。

終戦のエンペラー

おととい、「終戦のエンペラー」をダンナさんとみてきたよ。
ガラガラかな~とも、初日だからそれでもちょっとは入りがいいのかな~とも思いつつ行ってみると・・・満席とはいかないまでも、かなり混んでたよ。それも年齢層たかっ!ま、これは予想通り。。

事実に基づいたフィクション。。というより、フィクション含めた事実といった方がいいのかな。割合的に。。
もともと戦争のことはあんまり詳しくはないんだけど、今まで公表されていなかった事実があかされてる・・・らしい。

天皇の戦争責任追及の過程で、日本の天皇制と、国民の天皇への忠誠心アメリカ軍人が検証していく。

西田敏行演じる鹿島大将と、その姪のアヤは架空の人物。鹿島大将は、主人公のフェラーズに日本人の精神を説いた。もちろん他の政治家たちも説明するが、この人の役割は大きい。その意味で、この架空の人物を登場させる必要があったんだな。。
アヤと主人公のロマンスが彼の任務と別のところに流れているんだけど、もちろん架空。でも、ドキュメンタリーじゃない場合、映画として成り立たせるにはこれも必要なんだね。。

少し前に亡くなった、夏八木勲さんが出ている。かなり前に撮影したらしく、まだ顔も痩せていなくて、ベテランのい~い味を出していた。彼は私の中では野性的なイメージが強い。でも、こんな柔らかい雰囲気の役もとってもしっくり。ちなみに宮内省の天皇の側近役。

あの、みたことのある昭和天皇とマッカーサーのツーショット写真・・あんないきさつがあったのかあ。。。


ハリウッド映画だけど、アメリカ人はこの映画をみて、天皇制、日本人の心が理解できるのかな。。


それにしても、主人公フェラーズ役のマシュー・フォックス、いいわあ。男の色気がある47歳!OK!(笑)
私は見ていないけど、ドラマ「LOST」の主演の人だって。

よくある戦争映画と違って、戦時中や戦地そのものの話じゃないから、泣けるシーンはない。たんたんと進んでいくけど、歴史的に重い映画だと思う。マッカーサーの印象がかわったな。
見たあとは、出てきた気になるシーンについて、あれは事実なのか・・・とかいろいろiPhoneで調べちゃったりして・・・。


そのあとは、阪神百貨店のタイガースグッズ売り場で買い物。。はは。。

そして夜は、大学の後輩で、現在大阪勤務のNクンと3人で飲みにいったよ。今年2回目。楽しかった~!
毎年やる11月の吉祥寺のライブに、彼も出るんだ。もりあがろ~。

Marlena Shaw に感激 !

昨日は Billboard Osaka に Marlena Shaw を見に行ったよ。
IMG_0394.jpg IMG_0399.jpg
(左)今のみなさん!(ピンボケでごめん)
(右)数年前??かなり・・?

風邪の方は、喉の痛み以外はもう治った。あ~、行けてよかった!でもあんまり声を出すと痛いから、「フ~」とか「イェ~イ」も言わないでおとなしく・・。それでも思わず1~2回は言っちゃったかな。。
ダンナさんも行く予定だったんだけど、仕事で急遽行けず。。残念だったね。というわけで、一人で。

実は、マリーナ・ショウは名前と「いい」ってことしか知らなくて、曲を聴いたことがなかったの。ダンナさんもそんな感じだったんだけど、行ってみようってことになった。彼は、ギタリストのDavid T.Walker をはじめ、有名なバンドメンバーにも惹かれたらしい。

8~9曲やったと思うんだけど、そのうち5曲が74年のアルバム“Who is this bitch, anyway?”の曲だった。そのアルバムが一番の傑作らしい。それしか聴いてなかったから、よかったわ~。

マリーナはほとんど座って歌ってた。歌いあげ系とかシャウト系じゃないけど、そうじゃなく歌う方が難しいんだよね。。さりげなく、でもしっかり歌ってる
声は74年の若かりし頃の声よりは、低いというか太いというか・・・ちょっと違うけど、今は今ですごく好き!
どっちかというとジャズっぽい曲が多いんだけど、ブルースもやったし、途中ゴスペル(トラディッショナルの曲だったけど、曲名忘れた)も入れたりしてたよ。かっこよかった~。もっとソウルっぽい人なのかと思ってた・・・。

最近、自分のボーカルの先生と話したgrooveのことや、いつも注意されてるなかなか直せないクセとかを考えながら聴いちゃった(汗) 時には目をつぶって音に集中して・・・。普段のライブではしない聴き方したりして・・・そういう意味でもたのしかったなあ。勉強にもなった
もちろん、ほとんどはふつ~に楽しく聴いてたよ

David さんのギターは、すごく心地のい~い音とリズムで、ギターがよくわからない私も知らず知らずのうちに入り込んじゃった
見た目はちっちゃくて、かわいいおじいちゃん!って感じ。。うふ。勝手なイメージなんだけど、ピノキオのおじいさん、ゼベットじいさん・・だっけ?・・みたいなんだよね~~~。
ちなみに、最初の写真ではいちばん右の人。

席はカジュアル席で、いちばん後ろ(高い位置だけど)だったの。柱が私の斜め前にあって、ピアニストが見えにくかった。ピアノをひいているのは見える(指もちゃんと見えた)んだけど、横のキーボードを弾くと全く見えなくなって残念。それでも、うまいのはよ~くわかったよ。一応、大きいモニター画面には写ってた。

最後の曲が終わったあと、普通、すぐに一度ハケて、アンコールにでてくるでしょ。でも、最後の曲のあと、「もう年だから、帰ってまたアンコールに出て・・っていうのは疲れるから、これからアンコールやります。これがアンコールよ」みたいなことを言ったから、みんな笑っちゃってさ・・。
お葬式で四十九日法要も一緒にやっちゃうみたいなもんだな。。例えが悪くてごめんなさい・・・。
でも、実際すぐに演奏が始まって代表曲「Loving you was like a party」が渋く始まった!ホントにそれで終わりだった(笑)

でも、メンバーみんなすごくファンサービスしてて、ステージや通路に集まってきたファン一人ひとりに握手したり、ハグしたり、サインしたり・・・楽屋まですごく時間をかけてたよゼベットじいちゃん(失礼!)にハグしてほしかったわ~。私は席がそこからは遠かったから傍観。。

マリーナもメンバーも、音楽、MCともすごく陽気で、楽しいステージだったなあ。音楽的にたいしたことも書けないんだけど、「ダンナさん、行ければよかったのに~~~」って本気で言える、いいライブだったよ~!
1時間15分くらいかな。。

喉が治ったら、マリーナの曲、覚えて歌ってみようかな~。

IMG_5856.jpg
チケット

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE